自分の感性、疑問

今、自分が感じていることに疑問をもたない!

仕事辞めたい・・・・そう思っている方は日本中を探せばどれくらいいるでしょうね。

 

これは、おおよそなんですが、「仕事を辞めたい」、「仕事辞めたい」、「仕事 辞めたい」などの言葉をグーグルで検索する人は月間当たり10万人以上います。※月間検索数を調べるツールで調べています。

 

 

 

 

実際に、検索をしている人だけで、この人数ですから世の中にはもっと多くの人がいることでしょう。

 

では、そこまで仕事を辞めたいと感じる人がなぜ多いのでしょうか?

 

まずは、その部分の思考分析から考えていきたいと思います。

 

 

 

 

私の場合、建設業のゼネコンで働いていた時に仕事を辞めたいと思っていた主な理由は、三つあります。

 

  • 長時間労働
  • 人間関係
  • 自分が仕事を出来ないから

 

です。

 

まず、長時間労働ですが、私の場合は月に200時間くらいの残業がありました。

 

で、残業としてつけられるのは30時間くらいな訳です。

 

 

 

有り得ない!そう思った方は正しいです。笑

 

でも、実際に私はそれくらいの残業を強いられていました。

 

やらされるとかじゃないんです。

 

完璧に無理強いさせられるんです。

 

残業しないと、夜中に上司に5時間とかの説教を受けるんですから・・・・

 

 

 

まぁ、辞めたくなりますよね。

 

 

 

で、次です。

 

人間関係です。

 

最初の話で、既に想像つくかと思うんですが、最悪です。

 

もう、ずーっと嫌味を言われ続けるのです。

 

朝から晩までこき使われて、夜飯の時でさえ、イヤミを言われ、朝早く掃除をしててもうるさいと言われる訳です。

 

何が正しくて、何が正しくないのかが、あの世界では理解できなくなります。

 

 

 

建設業界の人は、神経が麻痺したような人は結構います。

 

多分、若い時にいじめられすぎて、自分が言われたら嫌なことを嫌と感じられなくなり、他の人にもそれを言うようになったのでしょう。

 

要は、無神経な輩になってしまったという訳です。

 

そんな人達とまともな感覚を持って出会うと、当然辞めたくなります。

 

 

 

だって、そうでしょう?

 

自分もこうして育てられてきたんだ!みたいな感じで、同じように攻撃してくるんですから。

 

そんな奴らと一緒にいて、仕事を辞めたいと思わないほうがおかしいと私は思います。

 

 

 

最後です。自分が仕事が出来ないからです。

 

これは、最も多くの人が抱える悩みでしょう。

 

「自分が仕事が出来ない!自信が持てない!だから、理不尽なことでも言い返せない!だから、ストレスが溜まって、辞めたくなる!」

 

多分、誰もが最初にあると思います。

 

私もそうでした。

 

 

 

これもね、色々な解釈ができるわです。

 

今やっている仕事が好きな場合は、単なる力不足か努力が足りない。もしくは、仕事のやり方が分かっていない。知らないとも言えます。

 

ただ、生きるためだけにやっているなら、興味が湧かないから、一生懸命仕事をしておらず、仕事ができない。

 

やりたいと思っていたことが、実は全然泥臭いことばかりで、思っていたのと違ったから、やる気がでない。だから仕事が出来ない。

 

 

 

などなど、仕事が出来ないにも色々あるんですよね。

 

私の場合は、ただ適当な理由で選んでしまったから、興味が沸かなかった。

 

また、仕事がなんたるかを考えずにやってしまっていたから、仕事が出来なかった。

 

更には、元々、頭が悪いのに努力もしないので、仕事を出来なかった。

 

などなど、仕事が出来ない要因はいっぱいありました。

 

 

 

まぁ、どっちにしろ、仕事が出来ないと自信も持てませんし、肩身の狭い思いをします。

 

だからこそ、仕事を辞めたくて仕方がなくなります。

 

もう、生きていくためとかどうこう言う前に、精神が持たない状況になるのです。

 

 

 

さて、私が話してきた三つの理由は多くの人が抱えているものだと思いますが、他にももっといっぱいあるでしょう。

 

働く労働量が多い割に貰う給料が少ないとか、休みが少ない!または転勤が多すぎて、家族と一緒に住めない!などです。

 

こういった多くの理由から、仕事を辞めたいと考え、どうしたらいいのか?とネットをサーフィンするのが実情ではないでしょうか?

 

本当に心の底から、今の仕事に満足して、頑張っていきたいと思う人は少ない訳です。

 

 

 

で、ですよ?

 

ここまで、考えてきた”仕事を辞めたい理由”というものを冷静に分析して見ていくとすぐに、自分が進むべき道が見えてきます。

 

では、どのように考えるのかというと、

 

 

  1. 長時間労働⇒労働時間が少ない仕事を始める
  2. 人間関係が嫌だ⇒場所を変える
  3. 仕事が出来ない⇒仕事が出来ない理由を考え、自分次第なら、仕事のやり方が書いた本を読む
  4. 給料が少ない⇒給料が多くもらえる仕事に就く
  5. 休みが少ない⇒休みが多い仕事に就く
  6. 転勤が多い⇒転勤が少ない仕事に就く

 

 

 

たったのこんだけです。

 

これだけが、解決できる方法です。

 

 

 

 

おいおい!お前は正気か??誰でもそれくらい分かっているよ!

 

 

 

って思っている人もいると思うのですが、分かっていないと思います。。

 

いや、絶対に分かっていないのです。

 

なぜなら分かっていれば、そういう行動を取るからです。

 

 

 

この記事を読みに来ている人の大半は、今何らかの理由で、人生や仕事が行き詰まっています。

 

そして、その行き詰まった理由や新しい答えを探しに、あるいはその自分の中にある何かを後押ししてもらうために、このサイトを訪れているのではありませんか?

 

 

 

 

何が言いたいか分かるでしょうか?

 

もうすでに、あなたが仕事を辞めたい理由や人生を変えたい理由はあなたの中にあって、それを変えるか変えないかもあなた次第だということなのです。

 

実に、シンプルです。

 

あなたが、自分が嫌だと思うことを自分で、理解して、それをどうすれば変えられるかを考え、実行すればいいだけの話なのです。

 

 

 

超、簡単でしょう?

 

こんな簡単なことなんですが、気づかない人は多いのです。いや、気づいていたとしても、自ら蓋を閉じてしまいます。

 

私達は、幼い頃からあれはいかん、これはいかんと教えられてきているので、変な理性が働くのです。

 

しかし、私が先ほど書いたように、自分の仕事が辞めたい理由などを書いていくと、実にシンプルに物事は解決していきます。

 

 

 

まず、嫌なことを書いて、それに対する対策を考えていく!

 

当たり前の思考なのに、それが出来ない人が多いのです。

 

まぁ、これはスタート地点の話です。

 

これから、実際にどのようにして自分が嫌な条件を変えられる仕事や生き方があるかを見つけていかなければなりません。

 

でも、ここすら気がつかずに、何らかの魅力ある情報に踊らされて進んでいくと、結局、その場所でも辛いことが待っていて、諦めてしまうことになるのです。

あなたは本当に自分の感情に気がついている?

だから、私はタイトルに「自分が感じていることに、疑問をもたない!」と付けているのです。

 

あなたが今、感じている直感的なものは、凄く大切なものです。

 

そこに蓋をしてしまうと、あなたが望んでいる人生というものが見えなくなるのです。

 

 

 

私は、理想の人生を選ぶのに、いつも断捨離という本とシンプルノートという本を勧めているのですが、これらの本は自分を軸にして考えることを教えてくれるから勧めているんですね。

 

ほぼ、八割の人間が自分で人生を選択していないと思いますよ?

 

何となくの情報に踊らされ、何となく皆が言っているからとその道を選ぶ・・・・

 

これでは、いつまでたっても自分の理想の人生というものは歩めない訳です。

 

 

 

まずは、自分と正面から向き合いましょう。

 

そして、それからその感情を羅列していきましょう。

 

そうしてから、その対策としてどうすればいいかを簡単に書き!

 

簡単に書いたものを満たせる条件のものを探していくのです。

 

 

 

この記事で書いたことにほーってなった人は急いでください。

 

あなたはまだ、人生を変えるスタート地点にすら立っていないのです。

 

今、自分が感じていることに疑問をもたない! 関連ページ

自分の軸がないと、振り回されて失敗する
自分の軸が無いせいで振り回されて生きている人も多いようです。そんな人達では人生を変えることは難しと思います。では、軸を持つとはどういうことなのでしょうか?その辺りをお話しようと思います。
汚らしい、世間体が悪い、拒絶してしまうというようなものこそあなたが望んでいるもの
あなたは正直に生きていますか?正直に生きるということは洗脳された教育に従うことではありません。あなたが、心の底から願う欲望のことです。そうした、世間一般から見た汚らしい世界こそ、あなたが望む世界が見えてきます。
井の中の蛙になるか?それとも世界を知るか?
井の中の蛙というものは、良く世間知らずの独りよがりの人を例える時に使われます。しかしながら、井の中の蛙の話にには続きがるのです。
自分の理想が選べないなら、8つの欲求から選択すべし!
最も難しいのが、自分が進みたい人生を決める、最初の部分でしょう。こう生きたい!っていう気持ちがなければ、その後の活動すらも決めることが出来ません。では、その生き方を決められない人はどうすればいいのでしょうか?

HOME 人生成功する秘訣とは 私の歩んできた人生 当サイトの理念 プロフィール 無料メルマガ登録 お問い合わせ