幸せになるためには?

幸せになるためには、どうしたらいいのか?

あなたは幸せになりたいですか?

 

私は幸せになりたいと願い続けました。

 

では、幸せとはどういったものなのでしょうか???

 

 

 

私の中での幸せとは、

 

  • 寝たい時に寝る
  • 仕事したいときに仕事をする
  • 旅をしたいときに旅をする
  • 自分を常に成長させる
  • 好きなことをいつでもできる
  • ストレスを抱えないほどのお金を持っている
  • 好きな人と一緒に暮らす
  • やりたいと思ったことをいつでもできる状態である

 

ざっと考えただけでも、このようなことが私の幸せです。

 

そして、昔の私はそれをずっと誤魔化して生きてきました。

 

 

 

寝たい時に寝る・・・・そんなの出来るわけないだろう。仕事は決まった時間に始まり、眠りたくても寝れない時もある。

 

仕事をしたいときに仕事をする・・・そんなこと出来るわけないだろう。仕事は常にしていかないと、食っていけない。

 

旅をしたいときに旅をする・・・そんなこと出来るわけないだろう。旅をするには、余裕のある時間が必要だ。仕事があるし、どこかに楽しめない自分がいるだろう。

 

自分を常に成長させる・・・そんなこと出来るわけないだろう。会社にいると自分の望んだ仕事ややりたい方向性に進んでいけないから、やらされている感しか残らない。

 

好きなことをいつでもできる・・・そんなこと出来るわけないだろう。好きなことをいつでも出来たら、誰だってそうしたいさ。だけど、やりたくもない、仕事をしないと食えない。

 

ストレスを抱えないほどのお金を持っている・・・そんなこと出来るわけないだろう。サラリーマンの給料はたかが知れている。そんな大金を自分でどうやって稼ぐんだ?

 

好きな人と一緒に暮らす・・・・暮らしたくても、出張やら、移動やらで、一緒にいれない。連れて回ったら、子供が転勤ばっかりで可愛そうだ。

 

やりたいと思ったことをいつでもできる状態である・・・そんなこと出来るわけないだろう。仕事があるから、土日すら潰れることもある。

 

 

 

私の昔働いていた、建設業では本当に光を見いだせなかったです。

 

朝は5時から夜の1時、2時までずっと働き詰め!全ての事柄に希望というものが持てなくなりました。

 

だから、心の奥底にある上記のような内容を全て誤魔化してきました。

 

だって、夢物語のような贅沢な欲望です。

 

 

しかし、それは本当に叶えられない理想なのでしょうか?

 

通常幸せになるには、自分の考え方を変えてみる・・・みたいなマインド論を本やテレビでは流しています。

 

でも、私はそうは思いません。

 

本当の心からの願いでない限り、人が幸せを感じることはないのです。

 

私は、理想であったはずの転職も果たした。

私は、建設業から一流企業の転職に成功しています。

 

にも関わらず、転職した先で、「んっ?何か違うな?」と思い、元気を失いました。

 

これは、本当に望んでいた自分の人生に向かうことをしていなかったためです。

 

結局、心のどこかに嘘をついていたのです。

 

 

しかし、ネットビジネスを知ったときに私は、心の底からこう思いました。

 

 

 

あぁ、これが俺の望んでいた本当の世界だったんだ!と。

 

 

 

本当に、そのネットビジネスの可能性に光を見出したのです。

 

 

一人で、出来る仕事であるし、一度仕組みを作ってしまえば、一生お金は入ってくる。しかも、場所を問わないし、自分も成長していける。

 

好きな人とも、好きなだけ一緒にいられるし、本気で頑張れば、サラリーマンでは到底稼げないであろう金額も稼ぐことができる。

 

最初は苦しいが、お金を稼げるようになったら、どんどん、他のビジネスにも手をつけていけるし、誰からも文句を言われることもない。

 

自分のペースで出来るから、好きなときに寝られるし、好きなだけ好きなことも出来るようになる

 

 

こんな可能性をもった仕事は他にないだろう!

 

私はそう思いました。

 

堀江貴文さんが、ネットで起業したらいい、ネットで起業したらいいとばかり言っていたのですが、ようやく私もその気持ちになりました。

 

実際に、腹くくってその場所に飛び込むとそれは、そんなに怖いものではありません。

 

 

 

バイトしながら、食いつないで、一年間必死でやれば、自分一人くらいは食べさせれます。

 

今の私がココですね。

 

そして、もう一年頑張れば、サラリーマンの年収くらいを一日で稼げる可能性もあるのです。

 

当然、努力は必要です。

 

でも、その努力とサラリーマンでストレスに悩まされながら、毎日頑張るのと、理想の状態を目指して、自ら進んで頑張るののどっちが良いと思いますか?

 

 

 

・・・・・。

 

 

 

もしかしたら、あなたはこう考えているかもしれません。

 

 

でも、失敗したら、食っていけないよね?

 

 

う〜ん、それね・・・・。

 

それは根本的に社会というものを勘違いしていますよ。

 

だって、バイトで食おうと思えば食えますよね?

 

あなたが言っているのは安定できるか?ということでしょう?

 

サラリーマンなら安定だとでも思っているのでしょうか?

 

超一流企業に入れれば、一生安心して暮らしていけるとでも思っているのでしょうか?

 

 

 

 

 

私は超一流企業に入ったのにも関わらず、たった三ヶ月で解雇されています。

 

解雇された理由なんて、よく分からないような理由です。

 

でも、それが現実!

 

 

 

 

それくらい、企業というものは安心できるものではないのです。

 

私達は、自分でお金を生み出せる価値のあるものを作り出せなければならないのです。

 

にも関わらず、私に相談する人達に起業してみてはどうですか?と聞いたら、みんなが決まってこう言います。

 

 

情熱自由人さんを見ていると、起業もいいなって思うのですが、自分じゃ無理だと思います・・・

 

 

 

気持ちは分かります。

 

しかしながら、その答えは”自分じゃ稼げるような人間にはなりません。だから組織で生きていくしかないんです”という受身、もしくは、逃げの姿勢なのです。

 

 

 

で、一番重要なのは、その気持ちのまま、今の会社でも仕事をしているということです。

 

これは、会社に利益をもたらすことで、給料を頂くという本来の目的とは大きくかけ離れています。

 

この考えでは、結局転職しようとも、場所を変えようとも、あなたが安定することはないと思います。

 

 

 

そうではないですか?

 

会社もこのような考えを持っている人を煙たがるに決まっています。

 

私は絶対に雇いません。

 

 

 

 

あなたも真剣に進路を考え直してみてください。

 

仕事の意味、生きるとはどういうことか、幸せとはどうやって手にいれるものなのか?

 

少しは見えてきませんか?

 

 

 

私は、理想であったはずの転職先で解雇された時に、やっとそのことに気づけたのです。

 

だから、あなたにもそんな腐った人生を歩んで欲しくないのです。

 

本当に自分の理想は何なのか?幸せとはなんなのか?

 

そう視点で物事を見つめなおしてみましょう。

 

少し、違った世界が見えてきます。

 

 

 

さて、私の人生観というものを長期にわたって紹介してきました。

 

そして、人生を考えるカテゴリーの中の最後に、締めくくりの記事を書いています。

 

この記事の中では、人間の欲求というものにフォーカスして人生を考えています。

 

私の人生観を語ってきましたが、結局、人間の欲求というものを満たせるようにしているに違いありません。

 

 

 

 

 

 

では、最後の記事、もう一度人生とは何かを考える!をどうぞ。

無料プレゼント

会社に雇われない生き方

スポンサードリンク

幸せになるためには、どうしたらいいのか? 関連ページ

あなたは人生というものをどう捉えていますか?
人生の捉え方は人それぞれです。こう生きなければならない、こう生きてもいいんだ!こう生きたほうがいいんだけどなぁ・・・色んな考えがあると思いますが、あなたはどのように人生を考えていますか?それを考えるための記事です。
変人と呼ばれることの嬉しさ
私は変な人と呼ばれることに喜びを感じます。何故なら人と違うということは人が自分に興味を持っているということだからです。それはある意味目立っていると言っても良いでしょう。
仕事は自分を磨けなければ意味がない!
あなたは仕事をどのように捉えていますか?私は仕事を自分磨きの場として捉えています。ただ生きるために仕事をすればいいのでしょうか?それではあまりにも辛い人生になると思います。常に自己成長を促しながら仕事をする!そんなことを意識して仕事をしてみましょう。
面白く生きれないなら死んだほうがマシ!
私は人生を面白く生きれないなら死んだほうがまだマシだと思っています。面白くない人生を生きて、何の意味があるのでしょう?たった80年余りしかない人生の中で、有意義に生きること!これが本当に大事なことだと私は思っています。
もう一度人生とは何か?を考える。

HOME 人生成功する秘訣とは 私の歩んできた人生 プロフィール お問い合わせ