もう一度人生とは何か?を考える。

もう一度人生とは何か?を考える。

今まで、長々と私の価値観的なものをお話してしまいましたね。

 

ダラダラとすみません。

 

共感できなかった人は凄く不愉快に感じていたことでしょう。

 

 

 

 

ですが、私の価値観を話すことで見えてくるものもあるので、学問的なものも交えて深く説明していきます。

 

まず、私の話を聞いていてどう思いました?

 

なんていうか、結局のところ成功というものを追いかけていますよね?

 

最初に人生は暇つぶしである!といい、それから成功するためにはこうすうるべきだ!こう考えるべきだ!というような内容だったと思います。

 

ここに、人間というものがどういうものなのか?が理解できるヒントがあります。

 

 

 

あなたは、”マズローの五段階欲求”、”人間の六つの欲求”というものをご存知ですか?

 

まぁ、有名なので調べれば一発で出てきます。

 

まずは、マズローの欲求というものを見てみましょう。

 

マズローの五段欲求

 

人間は上記のような欲求で人間は下から順に上へと欲求を満たしていこうとします。

 

つまり、

 

  1. 生理的欲求(食欲、睡眠欲、性欲など、
  2. 安全の欲求(安定した暮らしがしたいなど)、
  3. 所属的欲求(社会的に属したい、集団的なものに身を置きたがる事など)、
  4. 承認欲求(他者から認められたい、尊敬されたいなど)、
  5. 自己実現欲求(自分の能力を引き出し、創造的なものを生み出したいなど)

 

の順番で人は欲求を満たそうとするのです。

 

何となくですが、私が話していた価値観の中で当てはまるものが多く見つかり、あなたもそれを求めていることが分かりますね。

 

 

 

で、人間の六つの欲求の方ですが、このようなものです。

 

 

  • 安定感(安定的な生活をしたいという想い)
  • 不安定感(変化や刺激が欲しい)
  • 重要感(特別な存在、価値ある存在でいたい)
  • 愛と繋がり(愛され、愛したい)
  • 成長(自分を高めたい)
  • 貢献(他者に対して貢献したい)

 

マズローの五段階欲求とよく似ていますが、これらのものを満たそうとするというのが人間だということですね。

 

 

 

はい、ここで似たようなものをまとめてみましょう。

 

「安全の欲求」と「安定感」はほぼ一緒ですね。

 

「成長」と「自己実現欲求」も同じようなもの・・・・

 

「重要感」と「承認欲求」もかなり似たようなもの、

 

 

 

違うのは、「生理的欲求」と「所属的欲求」と「不安定感」と「愛と繋がり」と「貢献」ですかね。

 

でも、「生理的欲求」と「愛と繋がり」、「所属的欲求」と「愛と繋がり」は一部似たもの同士です。

 

「不安定感」はノイズのようなもの!多少、私はここが強い気がしますね。

 

最後に「貢献」ですが、マズローの五段欲求は実は六段とも呼ばれ、「自己実現欲求」の上に来ると言われています。(マズローが晩年追加した)

 

 

 

 

つまり、最終的に私達が行き着くのは「他者への貢献」という欲求であり、ここまで全て満たせれば、かなりの幸福が訪れると言えそうです。

 

、です!

 

私なりに、ココから現実社会に落とし込みながら考えていくと、

 

 

 

私達は、生理的欲求を満たせるくらいの金額を稼ぎつつ(安定)、自他共に認められる実力を沿うし(自己実現と成長、他者からの尊敬)、最終的に他者への貢献をすればいいと思うのです。

 

 

 

あれ?「愛と繋がり」、「所属的欲求」、「不安定感」は?

 

と思う方もいるかもしれませんが、それらは後で付いてきます。

 

 

理由は、簡単!

 

しっかりとした経済的な金額を稼ぐことが出来、自分に自信があり、他人にも認められるような人間はモテますし(愛と繋がりは後からいくらでも付いてくる)、社会からも認められ、人気が出ます(所属的欲求は簡単に満たせる)。

 

逆に、先にこういった経済的な力を持っておらず、自分にも自信がなくて、世間からもダメな人間だな!と思われるような人を好きになったりしてしまっても、後で後悔します。

 

つまり、顔の綺麗さや、若さの勢いだけで結婚したりしても(愛と繋がりを手に入れても・・・)、経済的なものや他人から認められたりするものが無いので、幸せを感じられないということです。

 

不安定感は、正直今もあるでしょうし、これは安定してから求めだす部分も大きいので、なんらかに挑戦していけば手に入れられる欲求と考えます。

 

 

 

 

人間は欲望の塊の生き物なので、ほぼ全ての欲求を満たさないと満足し、幸福を感じることがありません。

 

 

 

がしかし、最初に手にしないといけないものは決まっているのです。

欲求を全て満たす(これを成功と呼ぶ)には、順番があることを知る!

少し難しかったかもしれないので、分かりやすい言葉に代えて、整理しましょう。

 

私達が果たさなければならい順番はこうです。

 

 

@実力を手に入れる
Aお金が手に入る
B安定が手に入る
C他人にも認められる
Dモテだす
E社会的に認められ、求められる
F他者へと貢献をする

 

 

多くの方が、@実力を手に入れる!という最も重要な部分をすっぽぬかして考えるから、変にミスが生じてきます。

 

実力も無いのに、お金を手にしてもそれを使いこなすことは出来なかったり、一時的なもので終わってしまいます。

 

実力も無いのに、安定を求めようと思ったら、何か起きたとき対応できないので、本当の意味で安定しません。

 

実力も、お金も、安定もしていないのにモテる人は、外見だけだったりするので、愛想を付かされたり、飽きられたりして結局満たされない日々を送ります。

 

実力も無いのに、誰かに認めてもらおうとする人は、かなり痛い奴なので、笑われたり、陰で陰口を叩かれます。

 

実力も無いのに、他者への貢献をしようとすると、余裕のある心からの貢献ではないので、見返りを求めたり、自分が苦しくなってしまいます。

 

 

 

ですから、最初に私達がやらなければならないことは、実力をつける!ということなのです。

 

この実力をつけるとは、結果が出てこないと見えないものですが、仕事ができるようになるということですね。

 

誰もが欲しいと思うような実力!あなたがいないとこの会社は無理ですよ!回りませんよ!

 

そういった社会に求められるような実力が必要なのです。

 

 

 

 

私は、人生はただの暇つぶしであると言いました。

 

その暇つぶしを、面白くしたいのなら、人間が生まれながらに持った欲求を満たす必要性があります。

 

そうでなければ、結局、自分の中に何かが足りず、いつも不幸せな状態になってしまうのです。

 

そして、欲求を満たすためにはしっかりとした順番を守って、満たしていくようにしましょう。

 

順番を守らずに手に入れようとすると、結局失敗してしまいますよ!

最終的なこのカテゴリーのまとめ

一応、このカテゴリーの私の言いたかったことを全てまとめておきます。

 

まず、第一に人生とは暇つぶしであるということ。

 

そこまで大したことではないし、そこまで深く悩んでも、どうせ暇つぶしなので、自分の思うような生き方をしたらいいのだということでしたね。
この考え方を持つことで、心に余裕が出来ますし、苦しくて仕方が無いときも少し自分を緩くすることが出来るはずです。

 

常にこの部分を頭の片隅に入れておきましょう。

 

 

 

次に大事なことは、その暇つぶしをよりよい物にするには、人間の抱える欲望というものを満たす必要があるということ。

 

欲望を満たさないような人生は面白くありません。

 

すごく傍から見て幸せそうな人も、実はそれ相応の悩みを抱えていたり、なぜか不幸せに感じている理由がこれで、ある一つの面だけを叶えてしまっているので、足りていない欲望の欠損が不幸な自分を作り出してしまっています。

 

ですから、真の成功とは人間が持つ欲望というものを叶えた状態のことなんです。

 

 

 

では、その真の成功、よりよい暇を潰すために必要な私達がすべきことというのは何なのか?というと、まず最初に実力をつけることです。

 

実力がない人間は最終的に全ての欲望をかなえることが出来ません。

 

そして、実力というもはそう簡単に見に付くようなものでもなく、努力が必要となります。

 

だから、多くの人はあれこれと必要以上に、情報に振り回され、自分に自信がなく、不安な毎日を過ごしてしまいます。

 

老後がどうだとか、日本の景気がどうだとか言っている人は、意識が高いのでは無く、実力がないのですよ。

 

本当に力があれば、自分でなんとか出来ると分かっているので不安にはなりません。

 

 

 

 

最終的に人生とは、実力を付け、欲望を満たしつつ暇を潰す!これが私の考える人生論です。

 

 

 

 

ですから、まずは実力を付けましょう。

 

仕事を辞めたい、人生を変えたいあなたはまずはそこが一番大切です。

 

そして、その実力をつけるためには知識、観察力、創造性が必要です。
今後はその辺りの事を含めてお話をしていきます。

 

次の項目⇒どうしてあなたは仕事を辞めたいの?へ移ってください。

 

無料プレゼント

会社に雇われない生き方

スポンサードリンク

もう一度人生とは何か?を考える。 関連ページ

あなたは人生というものをどう捉えていますか?
人生の捉え方は人それぞれです。こう生きなければならない、こう生きてもいいんだ!こう生きたほうがいいんだけどなぁ・・・色んな考えがあると思いますが、あなたはどのように人生を考えていますか?それを考えるための記事です。
変人と呼ばれることの嬉しさ
私は変な人と呼ばれることに喜びを感じます。何故なら人と違うということは人が自分に興味を持っているということだからです。それはある意味目立っていると言っても良いでしょう。
仕事は自分を磨けなければ意味がない!
あなたは仕事をどのように捉えていますか?私は仕事を自分磨きの場として捉えています。ただ生きるために仕事をすればいいのでしょうか?それではあまりにも辛い人生になると思います。常に自己成長を促しながら仕事をする!そんなことを意識して仕事をしてみましょう。
面白く生きれないなら死んだほうがマシ!
私は人生を面白く生きれないなら死んだほうがまだマシだと思っています。面白くない人生を生きて、何の意味があるのでしょう?たった80年余りしかない人生の中で、有意義に生きること!これが本当に大事なことだと私は思っています。
幸せになるためには、どうしたらいいのか?
幸せになりたいと願う人は多いと思うのですが、それをどう実現させるかを分かっている人は少ないように思います。では、実際にどうしたら良いのか?それを考えていきましょう。

HOME 人生成功する秘訣とは 私の歩んできた人生 プロフィール お問い合わせ