本を読まない人間は犬にも劣る

本を読まない人間は犬にも劣る

えっ?何?ナメてんの?と思えるほど、過激なタイトルを付けさせてもらいました。

 

でも、これだけ過激なタイトルを付けさせてもらった理由は他でもありません。

 

 

 

あなたにも本を読んで欲しいからです。

 

 

 

残念なことに、この世の中本をよく読む人は非常に少ないです。

 

たまに、ベストセラーになった本を読むという人はいるのですが、それだけです。

 

年に10冊も本を読まない人もいるのではないでしょうか?

 

 

 

 

しかし、数ある成功者達を見てみてください。

 

スティーブ・ジョブズ、ビル・ゲイツ、マーク・ザッカーバーク、ラリー・ペイジ、リード・ホフマン、ジェフ・ベゾス、堀江貴文、稲盛和夫・・・・・

 

勿論、他にも大勢いますが、所謂、賢いとされるような有名人を挙げてみました。

 

 

 

 

こういった人達は当然のごとく、大量の本を読んでいます。

 

まぁ、中には読んでいない人もいるのかもしれませんが、ほぼ、成功している人の8割以上が沢山の本を読んでいるとみて間違いないでしょう。

 

 

 

 

では、本を読むことに一体どのような価値があるのでしょうか?

 

私は、成功者の思考を手っ取り早く、どこにいても手に入れられることだと思っています。

 

このサイトを訪れてくださっている方は、仕事を辞めたい人ですよね?人生を変えたい人ですよね?

 

何故、あなたの仕事や人生は上手くいかないのでしょう・・・・。

 

前回も話しましたね?

 

人は外部からの影響を受けることで仕事を辞めたくなると・・・・・

 

でも、同じように影響を受けても、あなたとは異なる成果や結果を出せる人もいることは間違いありません。

 

それは、能力うんぬんの前に、物事の感じ方や受け取り方、行動する際の動機などが異なるからなのです。

 

 

 

 

世の中には様々な人がいます。

 

 

 

本当に、自分は優れていると思っている人

 

自分なんか価値が無いと思っている人

 

能力があるのに何故、上手くいかないのだろうと思っている人

 

能力が無いのに、何故自分は上手くいっているのだろうと思ってい人

 

生活のために仕事をしようと思っている人

 

何のために仕事をしているのだろうと考える人・・・・

 

 

 

これら意識の違いで全く人生は違うものになってしまいます。

 

だったら、最初っから成功者の思考を学べば良い訳です。

 

成功している人はどのような考え方をしているのか分かれば、自ずと自分もそのような考え方で生きるようになります。

 

 

 

 

本を読んで、そのまま成功者の人生をトレースしろと言っているのではありません。

 

あなたの基盤を時間を掛けて、広げていって欲しいのです。

 

何かに迷ったり、自分に自信が持てない人ほど、一つの世界でこだわっています。

 

それは執着であり、狭い考えの持ち主になり、自分でどんどん破滅の道を突き進みます。

 

 

 

 

色んな考えを持っていると、そうはなりません。

 

物事に対して、色んな見方ができるようになり、一つのことにいつまでもとらわれずに、自分をどんどんと成長させることができます。

 

そして、そういった人間こそが、現状を打破し、イノベーション(革命)を巻き起こす可能性を秘めているのです。

本を読めば読むほど、受け入れられるものが広がる

本を読めば読むほど、その人が受け入れることの出来るものは広がっていきます。

 

例えば、経営に興味が無い人でも経営に関する本を読んでいれば、自然と経営に興味も持ちますし、経営に必要なマーケティング知識、会計知識、人事に関する興味なども湧いてきます。

 

これらは、もしかしたら今のあなたには必要のないものかもしれませんが、将来自然とその方向性に体が動いていく可能性があります。

 

私なんか、インターネットの世界が全く興味が無かったのにも関わらず、世界を旅している人の本を読んで、ネットの世界に引きずり込まれたりしています。※勿論、他の本にも影響を受けていますが・・・

 

 

 

 

料理人で、現在非常に有名なり、テレビに引っ張りだこの川越シェフなども本から影響を受けています。

 

川越シェフはテレビに出るようになり、保守的な料理人の人達から批判の声を受けまくり、吐くほど憂鬱になったそうです。

 

しかし、見城徹氏と『サイバーエージェント』の藤田晋氏という両社長の共著『憂鬱でなければ、仕事じゃない』(講談社刊)という本を読んだ事で、随分と心が軽くなったらしく、

 

「読み終えてから『他にもそう思っている人はいる。よかった!』とすごく嬉しくなった。見城さんも藤田さんも、あんなに凄い人たちなのに、仕事に憂鬱を感じているんだ、僕の憂鬱なんてまだまだ甘いぞ。頑張らなきゃって」

 

と、このように語っています。

 

そして、それからの川越シェフの考えはこのようになtったそうです。

 

「無理してでも、あちこちに名前を出そうと思って今日までやってきました。それは時に憂鬱だったけど、仕事ってそうじゃないといけない。東京はとにかくライバルが多くてシビア。そんな街の真ん中でお店を開いて生き残るには、多くの人に名前を覚えてもらう必要がある。常に他人から『あいつ、また何か新しいことをやってるな』と思わせないと勝ち抜けませんから」

 

現代ビジネス-著名人10人が薦める「私の人生を変えた、この1冊」より引用

 

 

 

 

あれだけ、テレビの世界で楽しそうにしている川越シェフも実際は仕事に悩み、苦しんでいたのです。

 

そして、一冊の本を読むだけで、その苦しみにぶつかる強さを身に付けることに成功しています。

 

これは、川越シェフの考え方が本で、他人の考え方に触れることにより広がったに他なりません。

 

 

 

 

このように、一見成功をおさめて見えるような人まで、影で孤独の苦しみに向き合っています。

 

そして、その苦しみを救ってくれたのが本だったという人も沢山いるのです。

 

人は考え方一つで何にでもなるのですね。

 

それは本当に大切なことだと思います。だからこそ、未来の可能性を信じて今、本を読むことをお勧めします。

 

 

 

 

未来のあなたを作るのは、今のあなたの考え方と行動です。

 

つまりは、今この瞬間から本を大量に読み、自分の受け入れることの出来る幅を広げておきましょう。

 

そうしなければ、いつまでたっても今のステージからは抜け出せないのです。

沢山の情報に触れ、感性を広げていくと、原理原則というものが見えてくる

さぁ、本を読むことによって受け幅を広げることができることが分かりましたね。

 

前回の記事の続きが、ようやくここから結論に至っていきますよ・・・(ちょっと前置きが長すぎ?笑)

 

外部からの影響に流されないためには、原理原則を見破る力が必要・・・

 

こんな一文を書いていたと思います。

 

 

 

え〜っとですね・・・・

 

本を読みまくって、沢山の情報に触れていくとですね、ある時から急に、偽者に惑わされなくなります!

 

いや、何も周りの人が言っていることの全てが悪いと言っているワケではないんですよ?

 

でも、大抵ありきたりなことを言っているし、大した解決策を見出せないことがほとんどです。

 

しかし、本を読みまくっていると、普遍的なものは何か?原理原則というものは何か?が急に見えてくるんですよ。

 

勿論、良質な本に触れておく必要はあると思いますが・・・

 

 

 

馬鹿みたいに偉そうにのけぞっているあの上司は実は大したことない、

 

大手の企業に入っていれば安心だと思っている多くの人は間違っているということ、

 

仕事は時間をかけなければならないものと思っている日本の社会は古いということ、

 

大きなお金を稼ぐのは大変だと思っているが、実はそうではないということ、

 

日本社会は絶対に崩壊しないという思い込み、

 

これからは、個が主流であり、世界までもを視野に入れないといけないということ、

 

自分は実は何も知らないということ、

 

人と同じような生き方をする必要は全く無いということ、

 

 

 

様々なことが、見えてくるでしょう。

 

すると、こうじゃないといけないと思っていたことが、こうした方が面白いのではないか?という発想に生まれ変わります。

 

根っこの部分である、ココだけ!を抑えていれば、後は変えてもいいんだと気が付くでしょう。

 

私が何らかの答えを教えても、それは知識というものを身に付けただけであって、あなたの知恵ではないし、生み出したものではありません。

 

 

 

本当の意味での力をつけるというのは、自分の頭で考えて、最適な選択ができるようになることです。

 

 

これが出来るようになれば、後は取捨選択ですよ。

 

自分の求めているもの、自分が大切だと思っていること、そして世の中の原理原則以外はぜ〜んぶ、はずしちゃってください。

 

根っこさえ押さえておけば、何も問題ありません。

 

私が、厳選した本を紹介しています。

このサイトの中では私が厳選して選んだ本も紹介しています。

 

人生を変えたいと思っている人や仕事を辞めたいと思っている人には目からウロコが落ちるような本だと思います。

 

日本ではあまり見かけませんが、海外ではベストセラーになっている本なども紹介していますので是非、読んでみてください。

 

普通に書店で売っている本よりは少し高いかもしれませんが、どれもその価値はあります。

 

 

 

くだらないテレビ番組やくだらない飲み会などで時間を潰すくらいなら、本をどんどん読んで、自分を成長させましょう。

 

一見、無意味な本が、実は数年後になってあなたに大きな恩恵をもたらしてくれるかもしれません。

 

あなたの貴重な財産を本に投資して後の豊かな未来を得るか?今の目先の快楽のために不要な遊びにお金を遣うか?

 

も、あなたの人生の選択の一つだと思います。

 

 

 

私はタイトルに非常に過激な”本を読まない人間は犬にも劣る”ということを書かせてもらいました。

 

本当に人が犬にも劣るとは言いませんが、本を読んでいる人間がある種の高いステージに立っていることだけは間違い無いと思います。

 

本を読むことは、広い考え方や感受性を持った大きな器を作ることなのですから!

 

 

 

情熱自由人がオススメしている本を見てみる⇒

 

 

 

さて、本を読むことの大切さを分かって頂けたら、今度は本当のあなたの感覚というものを理解する!という項目へと話を進めていきましょう。

 

世の中で最高級に大事なのは、何と言ってもあなたの心!

 

その心の本当の声を聞くための方法に関してご説明していきましょう。

 

あなたは自分のことを分かっている?のカテゴリーへと進んでください。

無料プレゼント

会社に雇われない生き方

スポンサードリンク

本を読まない人間は犬にも劣る 関連ページ

あなたのその仕事、本当に自分で選びました?
非常に多くの人が自分の人生の大半を占める仕事に対して、慎重な選択が出来ていません。親、友人、なんとなく、などしっかりと自分の性格ややりたいことと向き合っているでしょうか?そういった部分から考えていきましょう。
あなたが外部からの影響で仕事を辞めたくなっている理由を考える
仕事を辞めたい、その多くが外部からの影響によるものなのです。そして、それに気が付かず、自分の可能性、道を閉ざす人は沢山います。まずはその外部の影響とはどういったものかを知っていきましょう。

HOME 人生成功する秘訣とは 私の歩んできた人生 プロフィール お問い合わせ