そもそもその仕事、本当に自分で選びました?

あなたのその仕事、本当に自分で選びました?

私達が生きる上で、必ずしなければならないこと・・・

 

それが、仕事ですね。

 

ですが、この仕事というものに対して、しっかりと向き合い、本当に心の底からやりたいこと、自分が楽しいと思える仕事に就けている人はどれくらいいるのでしょうか?

 

あなたもちょっとくらいはあるはずですよ?

 

 

 

本当の意味でやりたかったこと!

 

興味があったこと!

 

挑戦しようと思ったこと!

 

 

 

でも、すぐに諦めてしまいませんでした?

 

自分じゃ無理!って決め付けてしまいませんでした?

 

私達、凡人(ちょっと失礼かもしれませんね、すみません。)はすぐに自分の限界を決めます。

 

失敗という魔物に押さえつけられ、怯え、すぐに自分の心に蓋をします・・・

 

本当は、可能性があったかもしれないのに・・・

 

 

 

 

当時、大学での推薦を受け、本当はやりたいとも思わない、興味も全くない、そんな建設業界の仕事を選んだ私がそうでした。

 

私が就職活動を始めた時期というものは、いわゆる就職氷河期です。

 

沢山の同学年の大学生の仲間達が中々就職が決まらない中、たった一回の就職活動でそれなりに有名な大手企業に就職できた私は、何の意味も無い優越感を持っていたように思います・・・

 

 

虎の威を借る狐!

 

 

とはまさに私のこと!

 

それゆえに、社会に出てからというもの、何度も苦労をしたし、失敗ばかりの人生を歩んできました。

 

 

 

しかし、あれだけ建設業界の入社で失敗したのにも関わらず、それでも私はもう一度ミスを犯しました。

 

それが、”一流企業への転職”です。

 

 

 

うん?

 

ちょっと、私のことを知らない人、まだ私の歩んできた人生などを読んでいない人は話が見えないかもしれませんね。

 

 

 

 

私が最初に入社した会社というものは、ゼネコンと呼ばれるもので、所謂建設業界の現場監督の仕事です。

 

相当に辛い場所で、パワハラだらけの上司と、異常なくらいの締め付けをしてくる施主(工事発注者)、更には元々興味も無く、好きでもない仕事を一日に長時間働き続けるのは、あまりにも苦しいことでした。

 

ですから私は、本当に好きなこと、やりたいこと!こういったことをするために転職を決意しています。

 

そして、最初の会社へ入社してから三年、実際に新しい仕事を求めて転職しました。

 

 

 

その新しい転職先というのが、誰もが知っているであろう、有名企業の分社会社の経営コンサルタントです。

 

いやね、本当の本当は、私はマーケティングというものがしたかったわけです。

 

正確に言うと、自分で何かを生み出して、それが実績としてしっかりと反映されるような仕事をしたかったのです。

 

にも関わらず、その会社を選んでしまった。

 

勿論ちょっとは、経営コンサルタントという仕事にも興味はありましたが・・・・

 

 

 

これが、先ほども話していた、「虎の威を借りたかったから!」なのです。

 

だってね、世間一般から見たら、非常に羨ましく見えるわけですよ。

 

なんてたって、世界でも有名な企業の、それも上級職にあたる経営に携われるようなお仕事ですよ?

 

だからこそ、私は本当はこの会社ではやりたいことが出来ないと薄々感じながらも、結局入社してしまいまいした。

 

 

 

まっ、結局解雇されていますけどね。笑

 

 

 

やっと本題に入りましょうか・・・・

 

 

つまりはですね、世間のイメージや世間の声、虚像的なものに流されている人が多いってことです。

 

超極端な話をするとですね?

 

SEXが大好きな人は、AV男優でも、AV女優にでもなればいいんですよ?

 

本当に大好きなことをしながらお金を貰えるんです!嬉しいことじゃないですか?

 

でも、そんなのは中々出来ない!

 

世間的な目もあるし、知り合いなんかに見られたら、生きていけないと感じる人もいるでしょうから・・・・

まず、私達は外部からの影響で奥底の感情をしっかりと理解できにくくなっていると知ろう!

冒頭でも話した内容を覚えていますか?

 

私達は、すぐに諦める、挑戦しようとしない、自分では無理だと諦める!

 

このようなことを言いました。

 

実はこういった内容も外部からの影響です。

 

 

 

例えば、ミュージシャンになりたい人がいたとしましょう。

 

周りのミュージシャンを目指す仲間や、テレビに出ているミュージシャンに比べると、中途半端な実力だし、プロになれるような可能性も薄いです。

 

 

 

「将来、食べていけないかもしれない・・・・」

 

 

当然、親もいつまでそんなことを続けるつもりと言ってくるでしょうし、周りの友人は定職について安定し、結婚したり、幸せな家庭環境を築いていくでしょう。

 

これらのことは全て外部からの影響ですね?

 

 

 

 

本当に、本当に、よーく考えてみてください!

 

周りの人がそういうの言わなかったら、そういう姿を見せていなかったら、周りみんながミュージシャンを目指していたら?

 

そのミュージシャンを目指していた彼は、ずっとプロになるための活動を続けているでしょう!

 

だって、本当にやりたいことがそれなんですから!

 

飯は絶対に食えますよ。

 

私は、サラリーマン解雇された後、バイトで食えていますからね。

 

 

 

私はここに訪れた人達にはココに気がついて欲しいんですよね・・・・

 

外部からの影響があなたを苦しめているってこと!ココにっ!

 

これが、あなたが仕事を辞めたい根本的な理由に繋がってきます。

 

 

 

あなたは、外部からの影響でヘンテコリンな道を自ら選んでいるんですよ。

 

だから違和感を感じるんです。

 

あなたに嫌気を差す、その外部からの影響はそぎ落とすことは可能なんです。

 

 

 

この世界、正解というものは100%ありません!

 

だから、外部からの影響、洗脳に流されず、本当の意味での自分が望んでいることを理解していきましょう。

 

次の記事で、外部の影響によって”仕事を辞めたいと感じている”人達は実際にどのような例があるか?

 

これを紹介していきたいと思います。

 

あなたが外部からの影響で仕事を辞めたくなっている理由を考える

無料プレゼント

会社に雇われない生き方

スポンサードリンク

あなたのその仕事、本当に自分で選びました? 関連ページ

あなたが外部からの影響で仕事を辞めたくなっている理由を考える
仕事を辞めたい、その多くが外部からの影響によるものなのです。そして、それに気が付かず、自分の可能性、道を閉ざす人は沢山います。まずはその外部の影響とはどういったものかを知っていきましょう。
本を読まない人間は犬にも劣る
非常に過激なタイトルを付けさせてもらいましたが、私は本を読まないような人間は犬にも劣ると思っています。それほど、本を読むということは大切なことなのです。では、そこまで本を読んで欲しいと訴えかける理由は何なのか?それを説明させてもらいます。

HOME 人生成功する秘訣とは 私の歩んできた人生 プロフィール お問い合わせ