面接で絶対に聞いてはいけない質問5選

面接で絶対に聞いてはいけない質問集

面接をするときに、最後に質問はありますか?と必ず聞いてきます。

 

この質問に対して、絶対に聞いてはいけないことを言ってしまうと、真っ先に落とされてしまいます。

 

今回は絶対に聞いてはいけない質問をできる限り考えてみました。私だったらその質問をされた時点で落とします。

 

以下がその質問です。

 

 

  • 御社の平均残業時間はどれくらいですか?
  • ホームページには週休二日と書かれていますが、実際の休暇はどれくらいあるのでしょうか?
  • 御社の強みは何ですか?
  • どのような人が多いですか?
  • 平均離職率を教えてください。
  • 給与はどれくらいで上がりますか?
  • ボーナスは何ヶ月分もらえますか?
  • ○○な私でもやっていけますか?
  • 他社と比べて、御社が優れている部分は何ですか?
  • 独自で開発している技術はありますか?(自分の仕事と直接関係無い!)
  • 御社の目標は?
  • 今まで経営不振に陥ったことはありますか?
  • おいくつですか?
  • 趣味は何ですか?
  • 特技は何ですか?

 

 

如何でしょう?

 

当たり前に聞いたらダメだろうっていう質問もあれば、「えっ、これって聞いたらダメなの?」って言うような質問もあったと思います。

 

ちょっと、私なりに解説を入れますので、なぜ、この質問がダメなのか?を知っておいてください。

待遇や金銭面、与えられる立場などを聞くことはタブーと心得よ!

当然ですが、自分のことしか考えないような質問は辞めておきましょう。

 

これは、どの転職サイトのコラム記事にも書かれているものです。

 

自分の待遇や金銭面、与えられる立場などを聞くことはタブーと心得てください。

 

 

 

当然、自分の有利なように転職したいとは思うのですが、

 

 

 

「コイツ、自分のことしか考えていねぇな!」

 

 

 

って思われるのが目に見えています。

 

物凄くその会社に入りたがっている人間はゴマンといるわけですから、他の人間に負けないように、なるべく不利な発言、マイナスのイメージが付く言葉は発さないのが賢い転職活動です。

 

 

私が挙げた例で言えば、

 

 

  • 御社の平均残業時間はどれくらいですか?
  • ホームページには週休二日と書かれていますが、実際の休暇はどれくらいあるのでしょうか?
  • 平均離職率を教えてください。
  • 給与はどれくらいで上がりますか?
  • ボーナスは何ヶ月分もらえますか?

 

 

などです。

 

これらのことは、実際に会社に入ってみると、ホームページに書かれていたことと違ったりもするので、本当に聞きたくなります。

 

転職する人は既に前の会社の実情を知っているわけですからね。

 

嘘か本当かを見極めたいところでしょう!

 

 

 

 

気持ちは、痛いほど分かるのですが、辞めましょう。

 

聞いたところで、会社に入れなければ意味が無いので結局無駄に終わります。

 

グッとこらえて、ホームページに書かれていることを信じるしかありません!

 

 

 

どうしても知りたい人は、マイナビAGENTを活用するのがいいかもしれません。

 

ここは、社員が、各業界から転職してきている人が多いので、コアな情報に精通しています。

 

ここを活用して、その会社の本当の姿を先に情報収集しておきましょう。

 

間違っても面接でその部分を聞いたりなんかはしないでくださいね。

当然ながら、調べたら分かることは聞いてはならない!

先ほども言いましたが、当然、調べたら分かることは聞いてはいけません。

 

  • 御社の強みは何ですか?
  • 他社と比べて、御社が優れている部分は何ですか?
  • 今まで経営不振に陥ったことはありますか?
  • 御社の目標は?

 

などは、調べたら分かりますよね?

 

というか、この辺りを調べたから、あなたはその会社に入ろうと思ったはずです。

 

 

 

情報を調べて、それを元に判断を下せない人材なんだという印象を受けてしまうので、これらのことも質問するのは辞めておきましょう。

 

底が浅く見られてしまいます。

 

 

 

もし、この辺りの質問をしたいなら、転職の面接で最も効果の高い逆質問を考えよう!辺りを参考にされたら如何でしょうか?

 

会社の出来事や他社を比べた上で、自分の仮説を用意し、それが合っているか?を聞く!というスタンスです。

 

質問のレベルの高さが、そのままあなたの仕事のレベルを表します。

 

大変ですが、良く考えて質問を用意してください!

面接官に対しての個人的な質問もあまり効果が無い!

ここまで話してくると、面接官自体に対して質問しようとする人がいます。

 

  • おいくつですか?
  • 趣味は何ですか?
  • 特技は何ですか?

 

これらのことを聞いて何になるのでしょうか?

 

勿論、どんな人が働いているかという意味で、面接官の人柄などが気になるかもしれませんが、あまり自分をアピール出来ないのでは無いでしょうか?

 

もし、このような質問をしたい場合は、最終面接での社長に対して、その人柄を聞くというのがいいと思います。

 

 

 

社長は、その会社の”顔”ですから、当然気になることだと思います。

 

ですが、そこでも、社長に聞くのは、

 

 

この会社の将来性をどのように考えられていますか?
社員に対してどのようなことを求められていますか?

 

 

 

など、社長自身の器を測るつもりで聞くのが良いと思います。

 

コチラが見定める感じですね。

 

 

 

これは、人を見極めるという明確な意思があるという部分を示すことが出来ますし、社長自身も慎重に物事を見定めるような人材なら、安心すると思います。

 

しかも、一次面接、二次面接と質問ばかりをしていると聞くことが無くなるので、丁度、新しい質問が出来るのでいいのではないでしょうか?

 

一次面接などで、人事の人にコレを聞いても、効果は薄いと考えられるので辞めておいた方がイイでしょう。

その他の質問がダメな理由・・・・

あとは、どのような人が多いですか?と○○な私でもやっていけますか?、独自で開発している技術はありますか?(自分の仕事と直接関係無い!)などの質問ですが、一つ一つ見ていきましょう。

 

 

 

まず、”どのような人が多いですか?”ですが、少し、人とのコミュニケーションに自信がない人が聞きそうな質問に感じられます。

 

確かに、会社の職場の雰囲気を知るために聞いても良さそうなのですが、変にマイナスに取られてもアレなので、なるべく控えた方がいいと思います。

 

特に、自分が明るく、ハキハキと喋って、人と話すのが大好き!って感じがモロに出ている人なら問題無いのですが、少し暗い感じで、人と話すのが苦手に感じている人がこれを聞くと、「あっ、コイツ前の職場でも人間関係が上手くいかなかったな?」」と思われてしまいます。

 

自分の性格に合わせて聞くか聞かないかの判断をした方がいいでしょう。

 

 

”○○な私でもやっていけますか?”は言わずもがな、ダメですね。

 

不安の表れがモロに出ています。

 

雇う側としては、自信がある人のほうが雇いたいです。

 

事業もグイグイと引っ張ってくれるような印象を受けますからね。

 

いつも言っていますが、ネガティブな発言は相手に悪い印象しか与えないので、注意してください。

 

 

 

最後に”独自で開発している技術はありますか?(自分の仕事と直接関係無い!)”などの、自分の仕事に関係ないだろうと思われる質問をするのも辞めておきましょう。

 

経営幹部で転職したり、事業の責任者としてその会社に入るのならまだしも、聞いてもあなたに関係がないのなら、聞くことが無いから聞いたんだと取られてしまいます。

 

聞きたいことが無いのなら素直に、「今までの会話の中で、自分が疑問に思っていたことを聞けたので、大丈夫です!」と言ったほうが、よっぽどマシですよ!

 

 

 

私も、聞くことが無かったときは素直に上記のような答え方で、「ありません!」と答えました。

 

最も愚かな行為は、無理矢理でも質問をしようとすることです。

 

キチンと調べていたら、ある程度のことはわかっているので、会話の中であなたが良く勉強してきてくれていることを面接官も分かってくれてます。

 

 

無理な質問をして、逆に変な印象を与えないようにしておきましょう。

 

今まで紹介してきたことは、自分を不利にしないため!

さて、面接で絶対に聞いてはいけない質問を見てきましたが、うんざりした人も多いのではないでしょうか?

 

私が、転職にはストーリーが必要不可欠でも話してきたように、企業は清廉潔白な人間を好むんですね。

 

あなたが、本当に聞きたい質問は聞いてはいけないことが多いのです。

 

 

 

 

私は、基本的に仕事を辞めたい人を対象にして記事を書いているので、仕事に興味がある!というよりかは、転職を成功させたい!っていう人向きに記事を書いているので、中には卑怯な男だな!って思う人も多かったのではないでしょうか?

 

でも、本当にこの仕事がしたい!って熱い気持ちで動けている人も少ない気がします。

 

そういう気持ちがあれば、私の転職記事など読まなくても、必然的に転職は成功するんですけどね・・・・

 

 

 

でも、環境が変われば、人生が変わるということは絶対にあります。

 

世の中を見る目も全然違ったものになるでしょう!

 

自分の考えは意地汚いな!なんて思わずに、とにかく、転職を成功させることだけにフォーカスして頑張って頂ければと思います!

無料プレゼント

会社に雇われない生き方

スポンサードリンク

面接で絶対に聞いてはいけない質問集 関連ページ

初めての転職を最速で成功させる方法とは?
転職を初めてする方は不安をかけているかもしれません。私自身、建設業から経営コンサルタントに転職した時が初めての転職でした。そんな方でも最速で自分が望む転職先に合格する秘訣を教えます。
転職にはストーリーが必要不可欠
転職にはストーリー作りは欠かせません。面接官がどうしてもあなたを欲しいと思わせるような人物像を自分で作らなければならないのです。ここでは転職を成功させるのに大切なストーリーを作るときの方向性を書いています。
面接練習は実践をこなして修正する。
転職成功の鍵となる面接。その面接を成功に導くためには、最も重要なのが実践での面接練習です。
絶対に受かりたい会社では、とことんやれ!
あなたは転職の際にどうしても行きたいと思える会社はありますか?もし、そんな会社を見つけたのならトコトンやりきりましょう。自分の全てを出し切ってもダメッだったら諦めもつきます。
企業とあなたのドッキングが転職成功の秘訣
転職で重要なのが、行きたい会社をしっかりと研究することです。その研究するときの注意点を主に書いています。
結論から先に答えろ!
転職を成功させるにはコミュニケーション能力は必須ですよね?では、どのようにしてあなたがコミュニケーションがある人間だと見せることが出来るのでしょうか?ここでは、そんな疑問を解決する答えを載せました。
転職サイトと転職エージェントをしゃぶりつくせ!
転職サイトと転職エージェントを活用することは転職者にとっては必須のことです。しかし、転職エージェントなどはあなたの人生よりも転職を成功させることだけに集中しています。なので、あなたも利用するつもりで転職サイトと転職エージェントを活用しましょう。
最終面接の質問はどんなものがあるか?
転職最後の関門、最終面接はどのような質問をされるのでしょうか?私の感覚であれば、最終面接は社長の気分で決まる!と言っても過言ではない気がします。そして、その対策で必要なことをしっかりと理解していきましょう
圧迫面接で質問されることはどんなこと?
誰しもが恐怖を覚える圧迫面接!実際にどのような質問がされるのでしょうか?私はあまり圧迫面接を受けたことがありませんが、ネチネチと責められたことは何度かあります。今回は具体的な例を交えて、圧迫面接への対応を考えていきましょう。
転職の面接で最も効果の高い逆質問を考えよう!
意外と難しく見落としがちなのが、逆質問です。面接と言えば、多くが質問される側に回るので、質問することを忘れてしまいがちなのですが、ここで自分が一段高いレベルであることを証明する重要ポイントとなります。しっかりと考えて面接に臨むようにしましょう!
面接は”第一印象で決まる”は本当か?
面接は第一印象で決まる・・・これは昔から良く言われていることです。確かに、人を見ると、第一印象で大体その人がどんな人かはわかる気がしますよね?でも本当にそうなんでしょうか?そんな第一印象で全てを決められてもたまったもんじゃありませんよね?この記事では第一印象でも落とされない自分を作り上げる秘訣を紹介します。
転職は経験を活かすべき?経験無しでも転職を成功する秘訣とは?
転職では経験を活かすのが良いとされています。というか、活かさないと受かりにくいと言ってもいいかもしれませんね。ですが、別に経験を生かせないような会社にも私は受かろうと思えば受かれると思います。その理由を教えます。
転職は資格なしでも採用される?自由人が考える企業が欲しがる人材とは!
転職したい!でも資格ないしな〜!なんて馬鹿なことを考えている人はいませんか?資格は別にその人のレベルを表す指標ではありません。実際に私は、資格が一切なくても一部上場会社に受かりまくっています。資格はあくまでも、その仕事に必要だからこそ必要なもの。そこを履き違えるといい資格を持っていても受かりませんよ。
転職の面接での服装はどうするのか?
転職の面接で服装をどうすればいいのか気になる人もいますが、これは企業によって変えなければなりません!企業によって服装を変えるとはどういうことなのか?その辺からしっかりと勉強していきましょう
転職でよく聞かれる質問はどんなこと?
ここでは、最も面接で聞かれる質問を書いていこうと思います。まぁ、ここで聞かれる質問に対してどうやって答えるかで、自分のフィールドに持っていけるかが決まってしまいますね。しっかりと答えを用意していけるかが成功の鍵となります。
面接のイメージトレーニングが具体的であればあるほど良い理由
面接のイメージトレーニングほど重要なものはありません。より具体的に、その場の空気感が感じられるまで集中してイメージトレーニングをする必要があります。
面接で落ちる人の特徴20個
面接で落ちる人の特徴は決まっています。というか、落ないようにするためには、落ちる人の特徴を理解しておく必要があります。この記事では、面接で落ちる人の特徴を20個上げてみました。自分に当てはまらないか見てみてください。
転職が決まらない!どうしよう!と不安を感じる方へ
新しく転職サイトを作成しました!
新しく転職サイトを作成しております。転職をどうしても成功させたい!なんとかして転職されたい方はどうぞご覧下さい!

HOME 人生成功する秘訣とは 私の歩んできた人生 プロフィール お問い合わせ