面接は”第一印象で決まる”は本当か?

面接で大事なのは第一印象です。

 

清潔感ある服装や髪型、元気に明るく、ハキハキとした口調で質問に答えましょう!

 

 

 

 

このような内容はどの転職記事を見ても書かれています。

 

確かにその辺は転職活動において重要ですし、自分自身も第一印象で大体その人がどんな人か見極めると思います。

 

でも、本当にそれだけで合否が決まるのでしょうか?

 

 

 

当然、答えはNOです。

 

 

 

転職は新卒就職とは異なります。

 

ポテンシャル採用くらいまでなら、確かに第一印象で快活な人を採るかもしれませんが、ある程度社会での経験を積んできた人に対しては、本当に実力があるか?これまで何を実績として残してきたか?社会人としての常識はあるか?人に不快を与えない話し方が出来ているか?などが必要とされます。

 

要は、第一印象で決まるというのは社会人としての経験も浅く、これから成長していく上で伸びそうだな!という人向きの戦略だと思うのです。

 

 

 

 

勿論、どんな時も第一印象で人はその人の性格などをある程度予測するので、あなたの強みである部分は強調して出したほうがいいでしょう!

 

ですが、それなりに社会を経験しているのであれば、頭の聡明さや周りに気を配れる能力、落ち着いて冷静に対応できる部分をアピールするという、一見した印象だけでは分からない、深みのあるコミュニケーションができるかが重要だということです。

 

聡明な人材を演じているだけで、本当にそういう印象を持つ人物になれる!

上記で書いたようなことは、自分では無理だ!と思った方もいるかもしれませんが、そんなことは無いと思います。

 

人は、ある一種の洗脳によって、その性格や性質を大きく変えられるものだと私は考えます。

 

だから、知的な印象、人に優しい印象を持たれるような人物を演じる練習を普段からしてみては如何でしょうか?

 

 

 

 

私の場合、現在27歳ですが、大体の人が30歳を越えた人だと思っていたとサイトやブログを見た人が言ってくれます。

 

しかし、実際に会って、素の自分を出すと、精神年齢的には大学生のそれと変わらないと思います。

 

要は、アホ丸出しの馬鹿なんです。(大学生の人はごめんなさいm(_ _)mあくまでも私の大学生時代を振り返っての話です。)

 

 

 

こういうとアレですが、35歳くらいのある程度社会を経験してきた人材を演じているとも言えます。

 

実際、働いているときもそういった言い回しや相手への接し方を意識していました。

 

※勿論、私の文の内容や書き方で、コイツは本当は馬鹿だな!って思っている人も多いと思うのですが・・・・

 

 

 

でも、こういった意識をしていれば、何となく自分でも聡明な人物になった気がします。

 

自己催眠とでも言いますか、無理くり自分を改革しているんですね。

 

猫を被っているととってもらっても構わないのですが、そうするだけの価値は十分にあると思います。

 

人が最初に感じる印象では、「この人は仕事が出来そうだ!」と思いますし、多少の自分の潜在能力を引き出す結果にもなるのです。

 

 

 

 

実際に、そういった話し方や伝え方を演じられるようになるにはどうするかと言いますと、やはり、本を読みましょう。

 

凄く丁寧な印象を受けたり、この人は頭がいいんだろうな!って思う人の本を読みましょう。

 

すると、その人の”真似”ができるようになります。

 

おばあちゃん子の子供が、最初から大人びた話し方をしたりしますが、それと同じことをすればいいのです。

 

あなたが凄くいい印象を受けた人を物まねすると、当然、他の人もあなたからいい印象を受けるのです。

だからこそ、転職活動では、面接練習を繰り返して経験を作る必要がある

これらのことは、ある程度経験がいります。

 

物まねをする場で練習します。

 

それが、面接練習は実践をこなして修正する。でも話している、実践で面接練習を繰り返すということです。

 

 

 

 

本番さながらの空気で、知的な印象をもたれるような話し方をしていれば、自然と上手く話せるようになります。

 

 

 

例えば、相手の質問の意味がわからなかった場合に、

 

「失礼ですが、今のご質問の意図が読み取れなかったので、もう一度伺っても宜しいでしょうか?」

 

という聞き方と、

 

「すみません、聞き取れなかったので、もう一度言ってもらえますか?」

 

という聞き方ではどちらが知的なイメージを与えるでしょうか?

 

 

 

 

個人にもよるかもしれませんが、「失礼ですが、今のご質問の意図が読み取れなかったので、もう一度伺っても宜しいでしょうか?」の方が、知的な印象を与えると思います。

 

語彙力があるだけで、その人の知識の幅を見せることができます。

 

 

 

 

こういった、話している内容以外にも自分を表現できる方法があるので、是非とも一段上のレベルの自分を表現してみてください。

 

社会では、”見栄え”というモノを重要視する部分があるので、結構効果的な影響を与えると思いますよ!

無料プレゼント

会社に雇われない生き方

スポンサードリンク

面接は”第一印象で決まる”は本当か? 関連ページ

初めての転職を最速で成功させる方法とは?
転職を初めてする方は不安をかけているかもしれません。私自身、建設業から経営コンサルタントに転職した時が初めての転職でした。そんな方でも最速で自分が望む転職先に合格する秘訣を教えます。
転職にはストーリーが必要不可欠
転職にはストーリー作りは欠かせません。面接官がどうしてもあなたを欲しいと思わせるような人物像を自分で作らなければならないのです。ここでは転職を成功させるのに大切なストーリーを作るときの方向性を書いています。
面接練習は実践をこなして修正する。
転職成功の鍵となる面接。その面接を成功に導くためには、最も重要なのが実践での面接練習です。
絶対に受かりたい会社では、とことんやれ!
あなたは転職の際にどうしても行きたいと思える会社はありますか?もし、そんな会社を見つけたのならトコトンやりきりましょう。自分の全てを出し切ってもダメッだったら諦めもつきます。
企業とあなたのドッキングが転職成功の秘訣
転職で重要なのが、行きたい会社をしっかりと研究することです。その研究するときの注意点を主に書いています。
結論から先に答えろ!
転職を成功させるにはコミュニケーション能力は必須ですよね?では、どのようにしてあなたがコミュニケーションがある人間だと見せることが出来るのでしょうか?ここでは、そんな疑問を解決する答えを載せました。
転職サイトと転職エージェントをしゃぶりつくせ!
転職サイトと転職エージェントを活用することは転職者にとっては必須のことです。しかし、転職エージェントなどはあなたの人生よりも転職を成功させることだけに集中しています。なので、あなたも利用するつもりで転職サイトと転職エージェントを活用しましょう。
最終面接の質問はどんなものがあるか?
転職最後の関門、最終面接はどのような質問をされるのでしょうか?私の感覚であれば、最終面接は社長の気分で決まる!と言っても過言ではない気がします。そして、その対策で必要なことをしっかりと理解していきましょう
圧迫面接で質問されることはどんなこと?
誰しもが恐怖を覚える圧迫面接!実際にどのような質問がされるのでしょうか?私はあまり圧迫面接を受けたことがありませんが、ネチネチと責められたことは何度かあります。今回は具体的な例を交えて、圧迫面接への対応を考えていきましょう。
転職の面接で最も効果の高い逆質問を考えよう!
意外と難しく見落としがちなのが、逆質問です。面接と言えば、多くが質問される側に回るので、質問することを忘れてしまいがちなのですが、ここで自分が一段高いレベルであることを証明する重要ポイントとなります。しっかりと考えて面接に臨むようにしましょう!
転職は経験を活かすべき?経験無しでも転職を成功する秘訣とは?
転職では経験を活かすのが良いとされています。というか、活かさないと受かりにくいと言ってもいいかもしれませんね。ですが、別に経験を生かせないような会社にも私は受かろうと思えば受かれると思います。その理由を教えます。
転職は資格なしでも採用される?自由人が考える企業が欲しがる人材とは!
転職したい!でも資格ないしな〜!なんて馬鹿なことを考えている人はいませんか?資格は別にその人のレベルを表す指標ではありません。実際に私は、資格が一切なくても一部上場会社に受かりまくっています。資格はあくまでも、その仕事に必要だからこそ必要なもの。そこを履き違えるといい資格を持っていても受かりませんよ。
転職の面接での服装はどうするのか?
転職の面接で服装をどうすればいいのか気になる人もいますが、これは企業によって変えなければなりません!企業によって服装を変えるとはどういうことなのか?その辺からしっかりと勉強していきましょう
転職でよく聞かれる質問はどんなこと?
ここでは、最も面接で聞かれる質問を書いていこうと思います。まぁ、ここで聞かれる質問に対してどうやって答えるかで、自分のフィールドに持っていけるかが決まってしまいますね。しっかりと答えを用意していけるかが成功の鍵となります。
面接で絶対に聞いてはいけない質問集
面接において絶対に聞いてはいけない質問というものが存在します。この質問をしたことで落とされる人も多いのでは無いでしょうか?間違いなく押さえておくべき部分なので、覚えておいてください。
面接のイメージトレーニングが具体的であればあるほど良い理由
面接のイメージトレーニングほど重要なものはありません。より具体的に、その場の空気感が感じられるまで集中してイメージトレーニングをする必要があります。
面接で落ちる人の特徴20個
面接で落ちる人の特徴は決まっています。というか、落ないようにするためには、落ちる人の特徴を理解しておく必要があります。この記事では、面接で落ちる人の特徴を20個上げてみました。自分に当てはまらないか見てみてください。
転職が決まらない!どうしよう!と不安を感じる方へ
新しく転職サイトを作成しました!
新しく転職サイトを作成しております。転職をどうしても成功させたい!なんとかして転職されたい方はどうぞご覧下さい!

HOME 人生成功する秘訣とは 私の歩んできた人生 プロフィール お問い合わせ