自分の軸がないと、振り回されて失敗する

自分の軸がないと、振り回されて失敗する

最も多くの人が失敗する理由の一つに、

 

 

自分の軸が無い!

 

 

というものがあると思います。

 

自分の軸は、信念、理念と思ってもらっていいでしょう。

 

ここがない人はどこにいっても失敗すると思います。

 

皆があれが良いと言えば、そっちに行き、これが良いと聞けばそれに今度は心を寄せてしまいます。

 

 

 

このタイプは絶対に成功しないです。

 

一生、誰かに振り回されて生きることになると思います。

 

例えば、どんな状況が考えられるか?

 

私のコンサル生や昔の自分の過去を振り返って考えてみました。

私が唯一救えなかったコンサル生の話・・・・

私が相談者に対して、唯一、全く救えなかったタイプの人がいます。

 

その方は、色々な方向に進める可能性を持っていました。

 

内容は了解をとっているわけでもないので詳しくは話せませんが、転職するか?今の会社に残るか?それとも別の道に進むか?という三つの状況です。

 

で、どの道を進むにしろ、デメリット、メリットがあるので、その方はずっと悩んでいたんですね・・・

 

 

 

 

もう頭グッチャグッチャな状態で自分も何がなんだか分からない!といった様子になってから、私の元に相談に訪れました。

 

まず、話してみて思ったのが、

 

 

「あぁ、この子は決断が出来ない子なんだな・・・」です。

 

 

私は、こう言いました。

 

 

「まずは、自分の状態を良い状態にしてから決断をしていきましょう・・・。」

 

 

 

 

人は、迷いがある時に決断を下すと失敗をしやすくなります。

 

なぜなら、優しい道を選ぼうとするからです。

 

あなたもこんなことありませんか?

 

 

仕事をするときに、「本当はこうするのが正しい」と分かっているのに、「あの人が言うから・・・」

 

 

みたいなこと!

 

 

 

そして、結果が出てみると、その人が言っていたことが間違っていて、影でコソコソ、

 

「俺はこう思っていたんだけどね・・・」

 

みたいに話してしますと思います。

 

 

 

これが優しい道を選んでしまった結果です。

 

本当は、いつも尊敬されているあの人が言うこと・・・にも反論を唱えて、戦うべきでした。

 

しかし、自分が”他人とぶつかりたくない!”という弱い心に負けて、楽な道を選んだ結果がこれにあたります。

 

 

 

そして、人生の決断でもこれはあります。

 

他人の言ったことに振り回されて、どれが本当に正しい道なのかわからなくなり、道を踏み外します。

 

本当の自分はこう望んでいたのに・・・

 

っていうのは、やり切れないですよね。

 

 

 

で、話を戻すと、その子はこういうタイプでした。

 

ずっと、他人の意見を聞き続けて、自分がどうしたいのか?を分からないのです。

 

ですから、何度もメールのやりとりをせねばならず、私は電話での指導を決断しました。

 

 

 

そこで、自分の気持ちに従っていくことの大事さや、失敗を恐れない強い心を持つ大切さ、そして、自分で決めたルールを守ることの大切さをずっと話して聞かせました。

 

最後に、いつも、迷いが生じて、頭がぐちゃぐちゃになっている人にお勧めしている、断捨離とシンプルリストを紹介しました。

 

 

 

まず、ほぼ100%の確率で、断捨離とシンプルリストをやれば、自分の望んでいる本当の答えは見えてきますし、自分が捨てなければならないことも見えてきます。

 

最初に話したメリットやデメリットはどの道でも必ずありますよね?

 

で、一つの道に進むと決めた時は、その決めた道以外のメリットなどは捨てないといけなくなるのです。

 

会社であれば、自由な仕事を捨てなければなりませんし、起業であれば、安定した生活というメリットを捨てなければなりません。※正直言って、私は会社であれば安定とは思っていませんが、給料をもらえるという点で・・・・

 

 

 

そういう意味でいつも勧めているのですが、お勧めした相談者の方はほぼ全員、

 

 

  • スッキリしました。
  • 進む道が分かりました。
  • 違う視点で物事を捉えられるようになりました。
  • 会社を辞める決断が出来ました。
  • 転職することに決めました。
  • 今の仕事が恵まれていることに気が付けました。

 

 

と言ってくださいます。

 

ちゃんと実践していれば、必ず、自分の好き!や間違いに気が付けるんですね。

 

 

 

、しかし、この子の場合は違いました。

 

一度、自分の本当の気持ちに気がついて、しっかりと方向性を決めたのにも関わらず、それに対してまた悩み始めました。

 

私は、その気持ちは良く分かります。

 

自分にはこういった道が良い!と分かっていても、他の道の魅力が焼きついて、逃れられなくなるのです。

 

 

 

ですから、私は、自分のルールを決めて、それを絶対に守ってください!と教えました。

 

紙に自分の気持ちを書き出し、最初に決めたルール、又は道を選ぶ!そして、一度決めたら、その道でじゃあどうしていくかにフォーカスして頑張って行きましょう!と。

 

そして、その子は自分の人生の決断を他人に任せようとする癖があったので、それは絶対にしないようにとも言いました。

 

人生の決断が怖いのはわかるのです。

 

誰でもそうです。

 

しかし、人生を自分で決められるようにならなければ、自立した大人に成長出来ないのです。

 

 

 

だから、私は非常にウザイくらいそこを重点的にお話しました。

 

何度も考えを変えてしまう子なので、必ず、私が言った

 

  • 決めたことをブラさない
  • 気持ちを紙に書き出す
  • 私以外の人に相談しない
  • 断捨離とシンプルリストをやる
  • 人に頼らないようにする=自分で決断する

 

などを守ってください!と。

 

私も、同じように悩んだことがあったので、もう本当に必死に言いました。

 

その子が泣いたりもしたのですが、そこは譲りませんでした。

 

 

 

それでも、メールで、

 

 

「やっぱりこうしようと思うんですよね・・・・」

 

 

と送ってきました。

 

私は、怒りました。

 

ルールを守っていますか?と。

 

 

 

 

すると、案の定守っていないんですよね。

 

しかも、私が、もう一度言い聞かせないとダメだなと思って、

 

「電話しましょうか?」

 

というと、今度は「いいです。」みたいな返事をしてきました。

 

 

 

流石に、私も頭に来ました。

 

じゃあ、私に相談しないでください!私に相談しに来る人達は全員、人生を変えたい人が来ています。そんな私にちょっと言われたくらいで、逃げるくらいなら、人生は変えられませんよ!本気で人生を変えたいなら、自分から電話をしてきてください!

 

と言いました。

 

すると、電話もメールすら返ってきません。

 

私も、もうこの子は変えられないな・・・と思いました。

 

はっきり言うと、自分の気持ちのはけ口に私を使っていただけで、全然相談する気が無かったんですね。

 

もう二度と話すことはないだろうと思ったので、「怒ってすみません。私もそんな状況になったことがあったので、言わせてもらいました。」と言い、最後に一応、アドバイス的なものを送りました。

 

勿論、返事はありません。

 

 

 

 

しかし、また、何日かして、今度は電話がかかってきたのです。

 

私は思いました。

 

「あぁ、やっぱり、気持ちを入れ替えたんだな!もう一回だけ、私も力になってあげよう。」

 

そう思って電話に出ました。

 

すると、全然変わっていません。

 

相変わらず、自分の悩んでいる状況を話すだけです。

 

 

 

 

こうしていきたい!という思いもなく、ただただ、迷っています・・・・を話します。

 

で、私が、もう一度上記でつらつらと話したことを言うと、

 

 

「まぁ、同じことを言われると思いました・・・・」

 

 

と言われ、

 

 

「なんで電話してきたんですか?」

 

 

と聞くと、

 

 

「うーん、何ででしょう?」

 

 

みたいな曖昧な返事。

 

聞くと、周りの人皆にそんな感じだそうです。

 

ただ、ただ、自分の悩みを人に話すだけ!

 

勿論、私にもそんな時期がありましたよ。

 

 

 

それで、大勢の人に迷惑かけたし、大切な人にも離れられたことがあります。

 

そんな想いをして欲しくなくて、私は、その子にキツイ言葉をかけ、そんなんじゃ、嫌われるよ?と説得しました。

 

しかし、その子は全然ダメでした。

 

挙句の果てに、その子の充電が切れて、電話が途切れたのですが、全然かけてきません。

 

 

 

私が二回かけて、ようやく、電話に出ました。

 

これも、何度もありました。

 

自分から電話をかけることを嫌がり、私の電話にワン切りなどを入れてきたりもしたのです。

 

もう、呆れて物も言えず、私は電話で最後に、二度と私に相談メールや電話を掛けてこないように言いました。

 

こんなに腹が立ったのは久しぶりです。

 

 

 

人生を変えたい人のために、必死に自分では経験してきたこと、乗り越えてきたことを話したつもりでしたが、ここまでの尽くしてきた想いが全て裏切られた気持ちでした。

 

その子は恐らく、物凄く容姿も良くて、ちやほやされて育ったのだと思います。

 

物凄く、自分が傷つくことを恐れ、失敗するのに恐怖を感じていました。

 

そして、周りに自分を救ってくれ!オーラが全開で、ある意味悩んでいる私、可哀想でしょう?だから、慰めてよ!って感じを出しまくっていました。

 

私が、コンサルを失敗したから咎めているのではありません。

 

本当に、それじゃあ、ダメなのです。

 

自分が経験してるから、本当に分かっているのです。

 

 

 

多分、その子も気が付く時が来るのでしょうが、大体全てを失ってから気がつきます。

 

もう、何度も言ってあげたのですが、全然耳に入っていませんでした。

 

 

 

 

この文を見て、自分もそのタイプだと気が付けたらいいのですが、大体どん底に落ちた時に、人は自分の過ちに気がつきます。

 

もし、ちょっとでも自分がこのタイプだなと思った人は、本当に人に決断を委ねるのは辞めてください!

もう、絶対に後悔しますから!

 

私のところに相談もしない方がいいでしょう。

 

 

 

はっきり言って救ってあげられません。

 

人生を変えるには、何が何でも変えてやる!って覚悟がいると思います。

 

周りに頼ってもダメです。

 

自分で変わらないといけないのです。

 

私が与えられるのは、道だけです。

 

それを決断するのは自分なのです。

 

絶対にブレない軸を持って、人生に挑もう!

先ほどの話を聞いて、怖気づいた方もいるかもしれませんが、そんなに人生は甘くないですよ!

 

それ相応の強い意思をもっての努力や、勉強が必要です。

 

だからこそ、大事な自分の軸を持って、人生の進む道を決めるのです。

 

 

 

私の軸は、面白く生きる!ということです。

 

そして、それに当てはまらないことは一切しません。

 

そこが無いものをやっても、どうせ人生が楽しくないですからね。

 

だから、そこだけは必ず手に入れられる道を選ぶのです。

 

 

 

軸に関しては、私が口を出すことではありません。

 

お金持ちになりたいなら、徹底的にそこをみたせる仕事をするべきだし、人に役立つ仕事がしたいなら、介護や医者などになるのもいいでしょう。

 

その自分の奥底にある何か?には徹底的に本気で考えるべきだと思います。

 

そして、それを満たせることのできる道を選べば、自然と自分もその方向に向けて努力していくでしょう!

 

まずもって、人生に後悔することはありません。

 

 

 

だって、自分が選んだ軸を元に生きているんですから・・・・

 

 

 

失敗したくない!自分なりの生き方で暮らしていきたいと願っている人は、何が起きても自分の中で優先したいものを本気で考えてください!

 

あまりにも、ここに真剣になって取り組む人がいないように思います。

 

ここに真剣になって取り組むことが出来たら、絶対に後悔しない、自分で決めた人生を歩むことができますよ!

 

 

追記:この娘は、結局転職を成功させて、この後、数ヶ月経ってから嬉しいメッセージをくれました。

 

新しい職場で、凄く生き生きとしていて、コンサルをしていた頃が嘘みたいでしたね。

 

 

 

「かなり厳しい職場ですけど、新しい道に挑戦して良かったです!」

 

 

あなたも、道に迷ったら、新しい道を切り開いてみては如何でしょうか?

無料プレゼント

会社に雇われない生き方

スポンサードリンク

自分の軸がないと、振り回されて失敗する 関連ページ

驚くほど、自分のことに対して興味がない私達
こうなったらどうするんだ?はあなたの可能性を潰すだけ!
何か新しいことをやる際に、必ず頭をよぎるのは、「自分なんかが出来るのかなぁ?」ということでしょう。しかし、この「自分なんかが・・・」という考えが全ての可能性を潰していることに気がつかなければなりません。
今、自分が感じていることに疑問をもたない!
あなたは自分に正直に生きているでしょうか?もし、正直に生きていないならこれから歩む人生も辛いものになっていくでしょう。人は自分にだけは嘘は付けません。いくら周りにはいい暮らしをしているように見えても、自分がそれを幸せだと感じられなければ意味が無いのです。
汚らしい、世間体が悪い、拒絶してしまうというようなものこそあなたが望んでいるもの
あなたは正直に生きていますか?正直に生きるということは洗脳された教育に従うことではありません。あなたが、心の底から願う欲望のことです。そうした、世間一般から見た汚らしい世界こそ、あなたが望む世界が見えてきます。
井の中の蛙になるか?それとも世界を知るか?
井の中の蛙というものは、良く世間知らずの独りよがりの人を例える時に使われます。しかしながら、井の中の蛙の話にには続きがるのです。
自分の理想が選べないなら、8つの欲求から選択すべし!
最も難しいのが、自分が進みたい人生を決める、最初の部分でしょう。こう生きたい!っていう気持ちがなければ、その後の活動すらも決めることが出来ません。では、その生き方を決められない人はどうすればいいのでしょうか?

HOME 人生成功する秘訣とは 私の歩んできた人生 プロフィール お問い合わせ